2017年3月7日火曜日

近距離切符をクレジットカードで買って旅行気分



いわゆるSuica、もしくはそれに類するものの普及によって、駅で切符を買う場面も少なくなりましたね。頑なにSuicaを持とうとしない人もいるのが面白いところですが。

いちど、ピっと改札を颯爽と通り抜けられる快感に慣れてしまうと、ちまちまと切符を買って、ちまちまと改札に突っ込んで、ちまちまと失くさないように気をつけなきゃいけない切符を皆が買わなってしまうのも必然な気がします。


今回はクレジットカードで切符を買える話です。


新幹線とかじゃありません。ふつうの近距離切符です。なんなら隣の駅まででもいいです。とりあえず近距離切符をクレジットカードで買えるよってことをお伝えしたいんです。

でも近距離切符をクレジットカードで買わなくてはいけない場面というのが、なかなか想像できない。現金がないけどクレジットカードはあるって場面ですよね。需要なさそうな場面だな、これ。


駅で切符を買うときの券売機、あれは現金のみ受け付けてくれます。近距離切符ですし、少額ですし、現金で、むしろ現金で払ってゆきたいという感じでしょうか。それでも現金なんてお断りだって人もいるじゃないですか。使いたくもないから、持ってもいないぜ!


そういう人はSuicaで乗るのか。


やっぱクレジットカードと切符を結びつけるのが難しいなぁ、どうしようかなぁ、これ。




2017年3月5日日曜日

ATMにたくさんの硬貨で預け入れ じゃらら



小銭って妙に貯まったりしませんか。その辺に転がってたりしませんか? 無駄に貯金箱の中に永遠に封印されてませんか?

というわけで、家の中になんか大量にあったりする硬貨をどうにかしたいなあと思ったわけですが、日常の中でちょくちょく持ち出して使うってのも面倒です。面倒なのはとにかく嫌いなのです。

やはりここは銀行に預けてしまうのがベストなのではないだろうかと考えました。しかし、硬貨の預け入れって、ATMなのか、窓口に持っていくのか、人生経験の少なさ故、微妙にわかりません。

しかし時代は21世紀ですから、少々のわからぬことはググればあっという間に分かるのです。どうやら基本はATMのようです。うっかり窓口に持っていくと、

「これ全部でいくらありますか」

「おい、それを知りたいから持ってきたんじゃないか」みたいなことを聞かれる、書かされることもあるそうです。面倒は敵です。とにかく楽な方を選びましょう。

しかしATMの場合でも大量のコインを投入すると、それはやっぱり機械ですから詰まっちゃう場合があるそうなんですね。そうすると機械ではどうすることもできないわけですから、奥から人間様がやってくるそうなんです、そして。

「いくら突っ込みましたかね?」

「おい、それを知りたいから突っ込んだんじゃないか」みたいなことを聞かれるそうなんです。機械のミスに対応するにあたって、とってもナチュラルに正しい対応なんですけど、聞かれた方はなんだか恥ずかしいわけです。ATMに列とかできちゃってたら、これはもう恥ずかしい。札束入れてるならドヤ顔ですけど、小銭ですし。

あらゆるリスクに備えることは大切です。ここは面倒は避けるというポリシーを守るために、己自身の面倒な部分には目をつむることにしました。

せっせとコインを種別ごとに10枚ずつ数えて集計していきます。そして事前調査によるとATMには一回で100枚のコインを投入可能とのことだったので、セーフティを考えて90枚ごとに袋にまとめるという、これまた面倒な準備をしました。

これも大きな面倒を避けるためには大切なことなのです。