2017年3月7日火曜日

近距離切符をクレジットカードで買って旅行気分



いわゆるSuica、もしくはそれに類するものの普及によって、駅で切符を買う場面も少なくなりましたね。頑なにSuicaを持とうとしない人もいるのが面白いところですが。

いちど、ピっと改札を颯爽と通り抜けられる快感に慣れてしまうと、ちまちまと切符を買って、ちまちまと改札に突っ込んで、ちまちまと失くさないように気をつけなきゃいけない切符を皆が買わなってしまうのも必然な気がします。


今回はクレジットカードで切符を買える話です。


新幹線とかじゃありません。ふつうの近距離切符です。なんなら隣の駅まででもいいです。とりあえず近距離切符をクレジットカードで買えるよってことをお伝えしたいんです。

でも近距離切符をクレジットカードで買わなくてはいけない場面というのが、なかなか想像できない。現金がないけどクレジットカードはあるって場面ですよね。需要なさそうな場面だな、これ。


駅で切符を買うときの券売機、あれは現金のみ受け付けてくれます。近距離切符ですし、少額ですし、現金で、むしろ現金で払ってゆきたいという感じでしょうか。それでも現金なんてお断りだって人もいるじゃないですか。使いたくもないから、持ってもいないぜ!


そういう人はSuicaで乗るのか。


やっぱクレジットカードと切符を結びつけるのが難しいなぁ、どうしようかなぁ、これ。







とりあえずクレジットカードで近距離切符を買う方法です。


  • みどりの窓口に行って買う
これは確実です。ただし係りの人と接触しなければなりません。数百円の切符をわざわざ、みどりの窓口に行って窓口でやりとりして買うというのも暇な行為です。まぁできるって話くらいにしておきましょう。


まだ方法はあります。

  • 指定席券売機で買う
色は紫でしたっけ、指定席を買える券売機はクレジットカードが使えます。あの券売機、ふつうに在来線の乗車券も買えるんです。実は。

パッと画面見てわかりにくいんですけどね、乗車券買えるんです。なんなら入場券も買えるくらいの勢いでしたよ、たしか。

目的の駅を入力すると、なんなら戻りの分も買うかい??って聞いてくれて、往復分を購入できます。支払いの段階でクレジットカードを入れて暗証番号入れたら買えます。あれ、磁気カードの場合は使えるのかな? そこはノーチェックです。


出てくる切符はでかいやつです。新幹線とかの切符みたいな。ああいうでかい乗車券が出てきます。それとそれ以上にもっとでかいクレジットカードのご利用票。カードで買っただけで、こんなに紙を無駄遣いして申し訳ない気分でいっぱいです。


申し訳ない気分でいっぱいと書きましたが、このネタを書くために自分もでちゃんとクレジットカードで近距離切符を買ってみたんですよ。やっぱ体験してみないとこういうのは分からないですし。


やってみて初めて気づいたんですけど、近距離切符って近所に行くわけじゃないですか。でも「切符がデカいだけで、なんか小旅行気分」になれるんですよ。


あの切符のサイズ感が旅行気分のトリガーだったりするんです!


日々に疲れてどこか旅行したい、でもそんな時間がない。そんなあなたこそ。
この近距離切符をクレジットカードで買って旅行気分を実践してみていただきたい!


近場のデートでも、あえて近距離切符をクレジットカードで買って、デカい切符で旅行気分な錯覚を味わってみてほしい!


日常生活に小さなハックを。


近距離切符をクレジットカードで買うことの効果を理解していただけたでしょうか。ただ、買えるから買うんじゃない。その買った切符で小さな幸せまでも買ったのだ。これを理解していただければと思います。


ありがとうございました。





0 件のコメント:

コメントを投稿